2012年10月23日

関西Aリーグ摂南大学戦・宝が池にて

シリーズ3回目は、同志社大学1回生、サークルでラグビーをしているという3人組にお会い出来ました。

student3.JPG

写真は右からN君(WTB,FB)、K君(CTB)、A君(SO)です。

−同志社の試合をよく見に来らえますか?

N  「僕はよく見に来ます。出身が同志社香里だし、友達も出てるんでよく見に来ます。」

K  「う〜ん、たまに。僕、家がこの近くなので、宝ヶ池でやるときなどは。」

A  「僕は同志社の試合は初めてです。すみません(笑)今までは特にどこのファンということはなかったので・・ラグビー見るのが好きということなので。」

−今日はどうして見に行こうということになったんですか?

今シーズンはまだ同志社の試合を生で見てなかったので、今日たまたまみんな時間が空いていたんで、見に行こうとなったんです。

−今日の試合はどうでしたか?注目選手はいますか?

N  「やあ、おもしろかったです。やっと勝てたんで。見に来てよかったです。それに、友達のL林真太郎君が2トライ取って、めちゃ活躍してたんで、それが生で見られてよかったですし、勝てたことも良かったと思います。いつも林君を応援しているんですが、同じく1回生からレギュラーの渡邉夏燦君(SO)もいいですね。注目しています。」

K  「一発目、外国人の選手に抜かれてから、ダブルタックルでしっかり止めに入ってたのが、結構体張っててかっこよかったです。注目選手は同じポジションをやってるCTBの林君ですね。」

A  「僕と同じポジションのスタンドオフの渡邉君のゲームメイクがよかったですね。正確に陣地を取りに行ったり、ゲームを支配する力がすごくあるなあと感じました。」

−やっぱり、みなさんBKをされているので、BK選手に注目ですね。同志社ラグビーのどういうところが好きですか?

A  「大きく展開して、左右に走ってBKが十分に機能する、そういうスタイルが好きですね。」

N  「ほかの大学に比べて、展開力は同志社が優れていると思うんです。FWもBKもパスがうまいし、全員でラグビーしている雰囲気が伝わってきますね。」

−同世代の学生から見て、ラグビー部というのは一体育会クラブ以上の何かがありますか?

N  「体育会の友達も多いんですけど、普段は普通の学生で一緒にチョケたりしてるんですけど。」

A  「グラウンドで見るときは、やっぱり憧れのようなものがありますね。」

N  「グラウンドに出たら、パッと性格が変わったようになって、全然違うんですよ。そういうとこすごいなあって思いますね。」

−次の京産大戦に向けて一言

A  「純粋にファンとして応援しているんで、頑張ってほしいと思います。」

K  「頑張って勝ってほしいです。」

N  「今日勝ったんで、この調子で次も勝ってほしいです。関西上位につけて、関東の強豪と試合しているのを見てみたいです。」

同じ若者として、おなじラガーマンとして、ラグビー部に期待を寄せてくださっているのがひしひしと伝わってきました。
突然の取材にも快く応じていただき、ありがとうございまいした。
サークルではレギュラーの三人、どうぞラグビー頑張ってください。


posted by DSN at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59453629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック